タンセン 光の芸術

tansen6tansen1

密林のバルディアから展望の古都タンセンへ。

再び山へ近づく。

アンナプルナ山群を中心とするヒマラヤが広く見渡せるのは当たり前。

加えて、旅行中初めて雨に降られたと思ったら、光のショーの始まり。

黄昏のダブルレインボー。

早朝の雲海を照らす太陽の神スーリヤ。

そして、明けの空にダブルレインボー再降臨。

絶景フィーバー\(^o^)/

tansen4tansen3

広告
カテゴリー: 2017 ネパール | コメントをどうぞ

町や村の生き物たち

animalv4

ネパール、国立公園の外でも、魅力的な生き物に出会って楽し。

animalv2animalv1animalv3

カテゴリー: 2017 ネパール | コメントをどうぞ

ワニ教室

cro3
エレファント・サファリのあと、我々だけで公園内を歩いていたら、突然こんな光景に遭遇。

何か起こったのか?
と思って、軍人さんに尋ねると
「子どもたちにワニを見せに行くところです」
とのこと。

cro4
「えっ、それなら我々も一緒に行っていいですか?」とお願いしたら、
二つ返事でOK!
cro2
柵を掴んで、食い入るようにワニを眺める子どもたち。

「でも、もっと面白い見方があるぞー。ほらっ、こっち来てみ」
と子どもたちを誘導。
軍人さんも、銃の引き金に指をかけたまま、おじさんが子どもたちに変なことをしないように後を追ってくる。
cro1
正面からローアングル。

「どうだ! ここからのほうがずっとすごいだろー(^O^)/」

子どもたちは目をまん丸くして大喜びでした。
そして、お客様も同じように・・・若い!

ちなみに、この国立公園は、軍が密漁等の監視にあたっている。
ジープからも、よく軍人さんたちのパトロールを見かけた。

あとでガイドのマドゥさんに尋ねると、「警察では、密猟者に金を握らされたら、簡単に許してしまうからダメ。軍人はお金では動かないから、警察よりずっと信頼できる」とのこと。

カテゴリー: 2017 ネパール | コメントをどうぞ

エレファント・サファリ

ele2
↑ 14歳の象タクル君と友情を育む

国立公園内を1時間、象に乗って回る。
乗せてくれるのは、14歳のタクル君という象。

初めに「何かご要望はありますか?」と聞かれたので、
「せっかくなので、できれば、象でしか行けない所を回っていただけるとありがたいですね」と返答した。

ele4
↑ 象による藪漕ぎ

すると、車道からもトレイルからも外れて奥へ。
邪魔な草や低木は、踏み潰すか鼻でバキバキ折りながら密林の海を泳いでゆく。
すごい迫力です。
ele5
↑鹿も羨ましそうに我々を見つめていたおう

見ていると、象はとても細かい動きをする。
写真の鹿を撮ろうとしたとき、手前の木の枝に鹿がかくれていたので、
「ちょっとだけバックして~」
と言ったら、すっと即座に応じてくれたのにはびっくり。
その場で向きを変えることも簡単にできるし、車よりも素早く反応し、小回りがききます。

ele6
↑象の脚の付根くらいの深さの川をゆく
川原にいる猿や鳥などをウオッチング。
ele3

象に乗って、野生の象を観察するのも面白い。
ただし、象どうしが喧嘩を始めることもあるので、あまり近づけない。

最後に、タクル君に
「すごい迫力だったゾウ。 楽しかったゾウ。 また、乗りたいゾウ」
と話しかけたら、
「うれしいゾウ!」
と、シェイクハンドならぬシェイクノーズで再会を誓いあったヽ(^。^)ノ

お客様は、すでに以前、タイでエレファント・ライディングを体験済みだった。
しかし、「タイのときは、車や人も歩いている所を回るだけだったから、こっちの方がぜんぜん面白いわよ。本物って感じよ!」
と大興奮でした。

カテゴリー: 2017 ネパール | コメントをどうぞ

ベンガルトラ

animal6

バルディア国立公園の膨大な生き物の中で、ダントツ人気のベンガルトラ。

公園内で案内中の現地ガイドたちは、このトラ情報については、常に携帯電話で情報交換しているほど。

トラはとても敏感。
数百メートル先に現れそうであっても、派手な色(赤や黄色等が入った)の衣服は着用を控えるように出発前にガイドに注意される。
また、待っているときの会話も内緒ばなしの音量でする。
普通の声で話すと怒られます。

待ちに待って(場所を変えながら計約3時間)、やっと200mほど向こうに10秒くらい姿を見せてくれた。
野生のトラ、初めて肉眼で観ました。

ベテランガイドのマドゥさん、ありがとうございました!

ホテルへ戻る際の夕日が、いつもの2倍美しい(^_-)-☆

animal4animal5animal2

カテゴリー: 2017 ネパール | コメントをどうぞ

より鳥みどり、あか、あお、きいろ・・・(@_@)

bird3
バルディア公園内の鳥たちがすごいのなんのって・・・。

数Kmジープで走っただけで、カラフルないろんな鳥たちがうじゃうじゃ。

これでも、取り逃しやピンぼけ等、失敗のほうが圧倒的に多い。

見かけたものはこの数十倍。

園内には407種の鳥がいるそうな。

bird2bird4bird1bird6bird5bird7bird8bird9bird10bird12bird14bird15bird16bird17bird18bird13bird11bird19

カテゴリー: 2017 ネパール | コメントをどうぞ

バルディア国立公園 哺乳類編

animal9animal1
↑マングース

鳥ほどは見かけないけど、哺乳類もけっこういます。

特に、猿と鹿はしょっちゅう。

animal8animal2animal3animal4animal7animal10

カテゴリー: 2017 ネパール | コメントをどうぞ