山の幸 海の幸

miyage1miyage2

大家さんにとうもろこしをいただき、
尾瀬市場で枝豆やりんごジャム等々を仕入れて帰宅。

雨雲レーダーで斑に襲ってくる雨雲をほぼかわし、お盆の渋滞をすり抜けて🛵

いただいたもろこしを義父、義母にもおすそわけしたら、激甘で大絶賛。
枝豆も甘みがあって好評。

久しぶりに海の幸をお腹に入れて、あー幸せ\(^o^)/

miyage3miyage4

広告
カテゴリー: | コメントをどうぞ

スウィーツガイド(*^^*)

0812108123-horz

珍しく、関西からの若い女性2名様ご案内。

雲多く、太陽隠すが山隠さずの、とても歩きやすい一日。

花や鳥に心地よい風

そしてなんと言っても尾瀬スイーツの代表花豆ソフト。
先日お世話になった山ノ鼻小屋さんで、山の日と次の日割引サービス。
ついでに私もボリューミーな花豆抹茶モナカを食べる。

舌に心にもあま~いお仕事でした。

終了後、明らかにいつもよりアドレナリンが放出されテンションが上がっていた己に気づく。

まだまだ未熟だの~(._.)

でも、楽しい仕事続きでラッキー(^_-)-☆

08125-vert08122-vert08128

カテゴリー: | コメントをどうぞ

レイクサイドお仕事

marunuma4marunuma3

標高約1,400mの湖畔にて

心地よく捗った~(^o^)

marunuma2marunuma5marunuma1

カテゴリー: | コメントをどうぞ

ディープ・インパクト

deep5deep1

池塘調査はまだまだ続くが、私の参加は終了。

延べ約1週間湿原を歩いて強烈に感じたこと。

「過去、数百回尾瀬を歩いてきたけど、今まで歩いてきたのは尾瀬ヶ原湿原というより、尾瀬ヶ原木道だった。」

20年以上尾瀬に通っていても、誤って一瞬足を落とした以外、湿原に直接足を踏み入れたことはなかった。

例えるなら、いろんな女性と数百回会って話したことはあっても、偶然に肩や脚がぶつかって女性の身体に触れたことがある以外、一度も抱きしめたことがなかったようなもの(^_^;)

未知の感覚を得て、これから、何倍も尾瀬歩きが楽しめる。

調査に加わらない限り、ガイドといえど、これからもまた湿原を踏むことはできない。

でも、あの目眩く感覚は忘れない😍

deep8deep3deep9

カテゴリー: | コメントをどうぞ

多 彩

0808308086

日が出る方向に雲がかかっていて、ちょい焼けの朝。

それでも雲が流れ光が動くと、草木や山、池塘や月まで見えるもの全てが刻々と変化する。

気づいたら1時間近く撮影していた。

08087morningmoon

カテゴリー: | コメントをどうぞ

当たり前という曇りガラス

kumo1

竜宮小屋へ移動。

早朝、小屋の前で朝焼けを待つ。

正面の至仏山はどっぷり雲の中。
「今日はダメかな?」

と考えていた中、先に出ていた大きなお姉様たちは「あっ、あそこにちょっと光が。。。うわ~っ、少しずつ広がって行くわよ。 光がどんどん移動していくのってきれいね〜。すごいわねー」
と、我々の数倍楽しんでいる。

そこではたと気づいた。
ダメなのは朝の山や空の状態でなく、己の曇った目であることを。

もっといい状態を知っているが故に、今の恵まれた時を楽しめなくなっている。

これを知る者はこれを好む者に如かず
これを好むものはこれを楽しむ者に如かず

楽しむ者のほうが知っている者より優れているんだよなー。

おかげで一枚目の写真を撮ることができました。
山は変わらず雲の中だったけど、お姉様たちのおかげで己の目の曇は晴れたm(__)m

kumo2kumo3

カテゴリー: | コメントをどうぞ

不安定な絶景

tenki1tenki2

なんでもありな予報の1日。

周りは晴れているのに歩いている所は雨だったり。
その逆もあったり。

登山者にとっては不都合な雨も草木にとっては恵みの雨。
つやつや活き活きと輝いている。

イモリくんも喜びのあまり木道を散策しとった。

不安定はいつもと違った面白いものすごいものに出会えるチャンスでもあったり。

不安定な生活もまたかくの如し。(^_-)☆

不安定との付き合い方を学べるのも自然の大きな恵み。

tenki3tenki4

カテゴリー: | コメントをどうぞ